コンデンサーマイク

先日、オペアンプの回路をチェックするのにコンデンサーマイクを試してみたけど、うまく動かなかった。
で、圧電ブザーはチェックできたけど、コンデンサーマイクはまだ動作チェックできていなかった。
で、前回のコンデンサーマイクは超小型(直径6mm)のやつ(WM-62PC)で説明書には口径が小さいので1/25くらいの感度しかないと書いてあったので、今回はもうちょっと大きい(直径9.7mm)コンデンサーマイク(C9767)を注文してチャレンジ。

ググって出てくるコンデンサーマイク+オペアンプの回路は複雑で、きちんと理解できない。
いろいろ探して、ようやく見つけたページがこれ
このページは回路のパート毎の機能を説明してあってわかりやすい。
このページの図6.2がマイクに必要な最低限の回路と思って、ブレッドボードに組んでみた。

コンデンサーマイクの回路

コンデンサーマイクの回路

コンデンサーマイク

コンデンサーマイク

これに電源をつないで出力をオシロスコープで見たら見えました。
確かに±5mVくらいの出力でした。
オシロスコープの画面を載せたいんですけど、一瞬なのでケータイで撮れませんでした。

カテゴリー: 回路, 部品 タグ: パーマリンク

1 Response to コンデンサーマイク

  1. ピンバック: コンデンサーマイクモジュール « Physical Computingに挑戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください