Step8(12ステップ本)

Step8はスレッドの実装。
解説もかなり難しく、スタックの切り替え部分など全部理解できたとは思えない。
コンパイル時にも、リンク時にもエラーが出て対応に苦労した。
とりあえず、動いたログ。

Machine Name:os myaccount$ sudo cu -l /dev/cu.PL2303-00001004
Connected.
kzload (kozos boot loader) started.
kzload> load
~+lsx kozos
Sending kozos, 24 blocks: Give your local XMODEM receive command now.
Bytes Sent:   3200   BPS:348                             

Transfer complete

XMODEM receive succeeded.
kzload> run
starting from entry point: ffffc020
kozos boot succeed!
start EXIT.
test08_1 started.
> echo ABC
 ABC
> echo abc
 abc
> exit
test08_1 exit.
command EXIT.
system error!
~.
Disconnected.

コンパイルエラーの対応
コンパイル時に出たエラーは static int setintr(softvec_type_t type, kz_handler_t handler) の中の次の行。
static void thread_intr(softvec_type_t type, unsigned long sp);
このstaticがどうもダメなようで、削除。
そして、下の方の thread_intr の実際の実装部分。
/* 割込み処理の入口関数 */
static void thread_intr(softvec_type_t type, unsigned long sp)

この行のstaticを削除し、次のように。
/* 割込み処理の入口関数 */
void thread_intr(softvec_type_t type, unsigned long sp)

これでコンパイルは通ったけど、今度はリンクエラー。

リンクエラーへの対応
リンクエラーは次のようなメッセージが出た。
kozos.o: In function `.L14':
kozos.c:(.text+0x115): undefined reference to `___mulsi3'
collect2: ld returned 1 exit status

どうも、.L14の中でコールしている__mulsi3が無いということらしい。
しかし、どちらも見覚えのない名前。
gcc -S kozos.c でアセンブラ出力させると、.L14thread_runの中の(分岐先の)ラベルで、__mulsi3thp = &threads[i]; のアドレス計算で使われている34×iの乗算を行う関数らしい。34はTCBのサイズ。
該当場所は、kozos.cstatic kz_thread_id_t thread_run(kz_func_t func, char *name, int stacksize, int argc, char *argv[]) の中の、次の部分。

    /* 空いているタスク・コントロール・ブロックを検索 */
    for (i = 0; i < THREAD_NUM; i++) {         thp = &threads[i];         if (!thp->init.func) { /* 見つかった */
            break;
        }
    }

で、この部分を乗算を使わないように次のように書き換えた。

    /* 空いているタスク・コントロール・ブロックを検索 */
    thp = threads;
    for (i = 0; i < THREAD_NUM; i++) {         if (!thp->init.func) { /* 見つかった */
            break;
        }
        thp++;
    }

カテゴリー: 12ステップ本, H8 タグ: , パーマリンク

4 Responses to Step8(12ステップ本)

  1. kozos のコメント:

    筆者の坂井です。ブログ拝見させていただきました。

    上記リンクエラーですが、ご指摘のとおり構造体のサイズ計算のために
    乗算用のライブラリ関数を呼ぼうとしてしまうためです。
    構造体にダミーのメンバを追加して、サイズを2の累乗に合わせることで
    回避できます。たしか12ステップ本の第1章あたりで説明していたように
    思いますので、そちらも参照いただければと思います。(場所を失念…)

    では、失礼いたします。

  2. yuji のコメント:

    著者の方直々にコメントいただけるとは、恐縮です。
    第1章で説明されていましたか。読みなおしてみます。
    ありがとうございました。

  3. kozos のコメント:

    ちょっと見てみたところ、第1章p.38にちょっと記述があり、詳しい説明は第11章p.421にありました。p.420のリスト11.9のstruct _kz_msgboxが問題の構造体です。

    1章だと思っていたら、詳しい説明は11章でした。問題が起きやすい部分なので、もっと手前で説明しておくべきでした…。

  4. yuji のコメント:

    詳しい記述場所まで教えていただいてありがとうございます。
    p.38のNoteですね。
    確かにp.420からの説明で理解できました。
    gcc 4系を使っているのが問題なのかと思っていましたが、H8の制限によるものなんですね。
    __mulsi3をライブラリlib.cに定義できたら便利ですね。
    後で試してみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください