PIC16F88でLCDを使おうとして失敗

H8でSPIを使いたいけど、そのテスト用の接続先(スレーブ)を用意しようと、SPIのスレーブモジュールをPICで作ろうと考えた。
PIC16F88でSPIスレーブで受信したデータをLCDに表示出来ればデバッグに役立つんでは?と、まずはPIC16F88にLCDをつないで動かそうとしたら・・・動かない。
PIC16F88は内蔵クロック8MHzで動かして、ポートAの0〜3をLCDのDB4〜7に割り当てて、E, RSにそれぞれPA4, PA6を割り当てた。
しかし、文字化け?のような感じで思ったような文字列を表示することができなかった。

カテゴリー: PIC, 作業 タグ: , パーマリンク

1 Response to PIC16F88でLCDを使おうとして失敗

  1. ピンバック: PIC16F88でLCD制御 « Physical Computingに挑戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください