7セグ君

あまりに電子工作やってなかったので、週末に集中して「7セグ君」を作った。
「7セグ君」というのは自分で勝手に付けた名前で、7セグLEDが顔の小さいマスコットのことです。

基板は秋月の片面の一番小さいCタイプを半分に割ったもの2つを使いました。
1つはベースでPIC16F88と抵抗、顔の基板を挿す&LEDのコモン用6ピンのコネクター、顔のLEDと明るさセンサー用の10ピンのコネクター、ICSP用6ピンコネクター、ブザー用2ピンコネクターを取り付けました。
もう1つは顔で、7セグLEDを3つと明るさセンサーのAMS302Tが付いています。
7セグLEDのコモン3つはベースに挿す6ピンコネクターの3本を使い、それ以外の8本をまとめて10ピンコネクターの8本に、残りの2本にAMS302Tの端子2本をつなぎました。
で、カバーは100円ショップで3個で100円のカップ型のパックです。

本当はほっておいてもいろいろな表情をするマスコットにしたいのですが、まだ明るさに応じて決まった表情をするだけです。

それとPWMで圧電ブザーを鳴らしたい(というか、鳴らしている)んですが、非常に小さい音しか出てません。
すでにPIC16F88の18ピン全部を使っています。

今回は回路図を書かないで作ってしまったので、回路図はありません。
後で作ったら載せます。
ソースコードはありますが、後でテーマごとに載せたいと思います。

カテゴリー: PIC, 作ったモノ タグ: , パーマリンク

1 Response to 7セグ君

  1. ピンバック: Make: Japanのサイトで7セグ君が紹介されました « Physical Computingに挑戦!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください